JSSの力 STAFF INTERVIEW 危機管理コンサルティング事業本部 主任

危機管理コンサルティング事業本部 主任

経済学部卒・2014年入社

重要視される「危機管理」に携わり、
クライアントを守る充実感がある

学生時代にスペインに留学していたので、スペイン語を使う仕事がしたいと広い業種で探していました。その中で、危機管理コンサルティングという仕事を知り、興味深く感じて入社しました。
危機管理コンサルティング事業本部は、顧客企業に対して海外における安全調査や安全情報の発信、駐在社員や帯同家族向けのセミナーの開催など、個別のコンサルティングを行っています。海外出張を禁止にするか、帰国を早めるかといったアドバイスや、現地に赴いて駐在先の安全確認をすることもあります。私はその中で、スペイン語圏の担当地域の情報収集や速報の起案、レポート作成などを担当しています。スペイン語や英語のニュース、現地エージェントからの情報をもとに顧客企業への報告の素案や月報を作成。急ぎの場合は電話で話すこともあるため、部署内では日本語、英語をはじめ各国の言語が飛び交っています。
ポートレート
入社当初は、1つひとつのニュースの信憑性の高さがわからなかったり、その情報がどんな可能性を含んでいるのかが判断できず、とにかく情報を集めていました。例えば、一地域で起きた小さな暴動が、一気に広まり大きな騒動となることもあるからです。最近ようやく必要な情報の取捨選択ができるようになってきて、先輩方はもちろん顧客の役に立てるようになったかなと思えるようになりました。先日は、ある暴動の情報をキャッチして今後の可能性を示唆したところ、クライアントから感謝の言葉をいただけて嬉しかったです。
ポートレート
また、年に数回、現地を視察する実踏調査に行きます。これまでにアフリカや中南米諸国を中心に13か国に赴きました。最近では、日本企業の進出が多いメキシコや、紛争解決に踏み出したコロンビア、注目度の高いキューバへ。日本企業のビジネスの最前線に赴き、この数年注目されている「危機管理」の分野で人のためになる情報発信に関われているやりがいがあります。

ページトップ

株式会社ジェイ・エス・エス

〒160-0017 東京都新宿区左門町6番地4